PROPOSAL提案書(2)
PRODUCE生産する

冬虫夏草(BGS)の供給体制

冬虫夏草の栽培

現状では冬虫夏草の栽培地は鹿児島県から埼玉県まで十数カ所に及び、それぞれ当地の栽培者が生産と加工そして販売という6次化産業化をめざしている。年間生産量は1回栽培で60kg/軒(乾燥重量)で、1軒当たり60000食の供給が可能である。栽培者は収穫して乾燥し微粉砕して販売するが、食べ方としては料理に振りかけたりヨーグルトや納豆に混ぜて(好きなように)食べる。 体調維持なら1g/日を、病気の際の栄養補給としては朝昼夕1gずつで日に3gというのが通常のパターンである。これを毎日食して体調維持をめざすなら164人分で、病気時の栄養補給なら55人分ということになる。

1)冬虫夏草(BGS)の現状と供給計画
冬虫夏草の栽培概要は以下の通りであり、多少の需要増加があっても、栽培については対応することができる。

 

①年間60kg栽培(栽培/乾燥/出荷)
*栽培菌床数・10,000個(1回栽培)
*栽培面積・・40坪(栽培棟 or 倉庫)
*栽培人員・・1名(収穫期2人)
*栽培時期・・秋、冬(温暖地)、春

培養基は、現在のところ少量なので筆者が経営する中国法人で委託製造しており、需要が高まれば日本国内に技術移転する考えでいる。国内での栽培は簡素化されており、身障者や高齢者も安心して失敗なく行うことができる。
1軒あたり年1回栽培なら体調維持60000食(164人分)の生産が可能として、これを年間3回転すれば合計供給量は以下のようになる。

 

②現行体制の総供給量
*60000÷365=164人(年1回栽培)
*164人×3回=492人(年3回栽培)
*492×15ヶ所=7380人(全供給量)
(上記した「人」とは1年365日つづけて食べる人数)

 

③年3回栽培あたりの投資額と調達先
*設備投資・500万円(補助金300万円)
*栽培費用・1800万円(制度融資)
  培養基30,000×@400=1200万円
  栽培費30,000×@200=  600万円
*商品加工・・600万円(銀行融資)

上記は、本プロジェクト年3回栽培の場合の金額設定である。培養基の価格は価格表を開いて中央に記載している「従来型」を参考にして戴きたい。

④現行の供給量を100倍に上げるには
 *過疎地の栽培施設
 *過疎地の事業所
 *廃校の講堂や校舎
 *栽培者 1500軒
 *補助金 45億円
 *制度貸し付け 270億円
 *年間75万人分が確保

過疎地で栽培して市場に供給するのが、筆者が描いていた普及方法である。現時点では栽培・加工・普及を教える指導者を育成している段階で供給量を100倍に上げるには、現状のスタッフを軸にして過疎地をターゲットにすれば栽培施設も栽培人員も簡単に確保できる。
75万食分の冬虫夏草を生産するのに栽培軒数1500ヶ所に対し補助金の支給をお願いしたいが、その合計額は45億円(300万円×1500軒)である。
また、培養基購入費と作業費の1800万円軒として政策金融公庫の制度融資合計270億円(1800万円×1500軒)を利用するものとする。

以上で75万人分の冬虫夏草を供給する産地ができあがるが、この産地計画は過疎再生・過疎地振興に繋がる有効なプロジェクトであり、国策にも合致する。

また、供給量をさらにアップするには、全国に点在する空き家を栽培施設に代えてゆけば可能である。この場合に培養基を製造するのは、各地で営業するキノコ培養工場で行えばよいので、巨額の投資は発生しない。

2)売上金額と融資の返済
栽培者1軒が栽培しうるのは年間18万食(前①)である。これを栽培するには1800万円のランニングコスト(前③)が必要だから、栽培1食分単価は100円である。これに自己投資資金、土地、建物の償却分と応分の経費を加算すると110円の原材料費/包(⑤栽培から乾燥まで)となる。また、加工について推奨するのは次の方法である。
 1.栽培者が収穫・乾燥
 2.乾燥品を製薬会社に送付
 3.工場で検品・滅菌処理・粉砕
 4.顆粒加工・計量分包
 5.30包づつ外装袋に詰める
 6.6000商品の完成

上記の工程で賞味期限2年の顆粒(カプセル・造粒剤不使用で純度100%商品を作る)を製造してアルミラミジップに詰めて商品完成となる。これに係る輸送費、外注費、印刷費など合計して600万円(前③)は当該地域の銀行融資によって調達する。以上で冬虫夏草100%の商品6000箱(1ヶ月分)が完成した。この場合、商品製造原価は以下の通りである。
 ①原材料110円×30包=3,300円
 ②商品加工費  @1,000円

上記の通り、商品製造原価は@4,300円である。但しこれは、本プロジェクトが全国的に実施されて、補助金ならびに制度融資が準備され、その上で全商品が1年以内に消化できるという前提に立った商品原価である。

この場合、栽培者の年間売上げは2580万円となり、制度融資については2年目から毎月100万円の返済が可能になり、銀行融資600万円は短期返済が可能である。

 

3)完全国産
「冬虫夏草」といえば中国固有の生薬、という考え方が強いことは紛れもない事実であり、これを国産化して国内栽培することは無理だという識者の考え方がある。冬虫夏草は日本でも眼をこらせば自生しているが、それを培養して人工栽培しても秀品を作ることが出来ないからである。

前述したように特別の環境で繁殖するキノコだから、簡単に培養して人工栽培しても秀品が出来ないということなのである。しかしながら、これは無理だということではなくて特別の環境を国内に設置して条件を整えれば可能だということであって、この作業は筆者が代表を務める株式会社BGサイエンスで行う用意(別途提案)がある。

AFTERWORD編集後記

冬虫夏草とドーピング事件

本日までの感染者死亡者数は以下の通りである。

 

  世界 日本
感染者累計(人) 4,261,747  16,024 
死亡者累計(人) 291,942  668 
2020.05.12 現在

 

近代、インフルエンザウイルスと人類が繰りひろげた戦いの歴史をたどってみよう。第一次世界大戦の終戦を迎えた1918年、欧米を中心に世界的にスペイン風邪が大流行して、全世界では5億人が感染し、5000万人以上が死亡と報告されている。1957年にはアジア風邪の大流行があり、世界で200万人以上が死亡。さらに10年後には香港風邪が大流行して全世界で100万人以上が死亡、さらに2009年には新型インフルエンザA1型(スペイン風邪)が流行し、214カ国に飛び火して2万人以上が落命するなど、インフルエンザ・ウイルスとの戦いは未だに決着がついていない。
もう一つ、ウイルス感染症で大きな疾病がある。それはC型肝炎ウイルスの存在である。感染被害からみれば歴史的に最大最多で、日本では毎年150万~200万人の感染者が発症し、3万人以上が命を落としている。全世界でみると現時点で7100万人がC型肝炎を患っていて、肝硬変、肝臓ガンへと進行している。

これは感染症ではないが、感染症と同じく異常細胞が原因で死を招く疾病が猛威をふるっている。その名は「」である。日本では毎年100万人以上が発症して40万人が死亡しているが、この犠牲者は毎年増えつつある。新型コロナウイルスも恐ろしいが、はとてつもなく恐怖である。この病いの存在を、決して忘れてはいけない。

 FIN

 

PHONEまずはお電話で

冬虫夏草は(株)健康広場で販売しています

冬虫夏草サプリメントをはじめ、コスメや高級洗顔石鹸なども取り揃えている健康広場は、お問い合わせいただいた際にお客様一人ひとりのご要望を丁寧にお伺いし、最適な商品を安心のお値段でご提案します。初めての方でも安心してご利用いただけますので、まずはお電話をください。また、お早くお買物を楽しみたい方はここからクリックして健康広場ショッピングサイトにお回りください。

お子様にも冬虫夏草サプリ

親子

冬虫夏草サプリメントを構成する主原料は、本サイトCEOである株式会社BGサイエンス・川浪代表が25年にわたって研究した安全安心の国内産冬虫夏草を使用しています。冬虫夏草の本場でもある中国の研究者の中には「冬虫夏草は子供には食べさせない方がよい」との意見がありますが、あれは昆虫が付いている種類の冬虫夏草を指したものです。自然界に生息する昆虫の多くは土壌に潜って冬眠するため、地下に含まれる重金属を体内に持つものが多いということです。したがって、子供さんが重金属を常用すれば、逆に体調が悪化することも考えられます。

健康広場の冬虫夏草は昆虫を使わず、昆虫成分と生薬成分のみを添加しているため、重金属の影響は受けていません。その上に冬虫夏草の国内栽培成功以来、16年にわたって製薬会社で商品化し、安全安心の販売を貫いています。

ACCESSアクセス

ウイルスやの侵攻を阻止するにはフード・イノベイション

健康広場では日本で最初に冬虫夏草の人工栽培に成功した川浪先生によって創設された冬虫夏草の専門ショップです。ウイルスやの侵攻を阻止する食材として、と戦うための素材として冬虫夏草を見出し、25年に亘って強靱な食材にするための研究をして日本で栽培を始めました。現時点で栽培箇所は全国15カ所に上り、すでに一般的な素材として購入することが出来ます。
アクセス
ショップ名 健康広場
住所

福岡市中央区荒戸1丁目3-20

電話番号 092-717-3305
営業時間 10:30~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄駅 福岡地下鉄 大濠公園駅
アクセス

フード・イノベイション協会は冬虫夏草の販売や冬虫夏草が主原料のサプリメントを販売などは行っておりません。購入をお望みの方には栽培者直営の健康広場を紹介することが出来ますので、お気軽にご相談ください。

冬虫夏草(キノコ食品)の特徴として挙げられるのが、腸内細菌(乳酸菌)を増やす働きと酵素を生成することです。加えて、腸内細菌によって産生される免疫・美容・代謝・遊離アミノ酸・ヌクレオチドなどの生体維持成分が身体を優しく包んでくれます。優れた品種の冬虫夏草ですから、きっと皆様方にご満足いただけるはずです。
FAQ

よくある質問

冬虫夏草は何の効果がありますか?

日本の薬事法という法律では医療効果を表現する自由が与えられてないため、お隣の中国で5000年の昔から言い伝えられている効能効果について、お答えしましょう。文献の多くが滋養強壮・長命百歳と評しており、特筆されるのが楊貴妃の美容効果と北京五輪で51個の金メダルを取ったことで有名になったスポーツ能力向上効果です。また、弊社が実施した細胞阻害試験では1回の投与で95%の細胞が消滅したことが確認されています。

 

冬虫夏草って、何が有名ですか?

数億年前から、バッタやガ(蛾)など昆虫の異常繁殖をくい止めてきた天賦の備えとしても有名です。人類の歴史ではおよそ5000年の歴史があり、秦の始皇帝や楊貴妃も愛用したと伝わっています。

冬虫夏草とは何だろう?

冬虫夏草とは、昆虫に寄生して栄養分を吸収しながら菌糸を育て、暖かくなると発芽して地上に姿を見せる子嚢菌門バッカクキン科のキノコです。歴史的には中国が本場ですが、世界では約440種類が発見されており、そのうちの360種が日本でも発見されています。